私の周りには当然、親、友達、沢山の大切な人達がいます。
その人たちは私にとって、知らないうちにいて当たり前の存在になっています。しかし、それは間違っていました。私は1つのことしか見えなくなってしまう性格をしています。私は今恋をしています。その女の子と最近は毎日のように夜遅くまで遊んでいます。その女の子の事を好きになる前は、男友達や、家族などと出かけたり遊んだりする事がしょっちゅうだったものの、今では全く違う生活になってしまいました。そんな中で、自分の今の生活をみて、周りの人がおせっかいのように、アドバイスをくれます。本当におせっかいだなって。私はずっと思っていました。でも、それは違いました。私が間違っていました。その性格をなおそうとしてくれている友達、家族がいるのです。それに対して寂しくなってくれている人がいるのです。それはおせっかいではなく、喜ばなくてはならない、しっかりと考えると本当に嬉しい事だなと最近気づくことができました。脱毛ラボ 全身脱毛 部位

天候が左右する日常の買い物、晴れるだけで感謝とはこのことだと思う。気温が低いだけでも買い物は億劫になるのに雨とくれば尚更勇気がいるわけだ。特に買わなければいけないものが幾つかある日はお店をはしごしなくてはいけない。雨という天候だと買い物は出来るだけ手身近に早く済ませたいもの、出来れば濡れずに運びたいと願わずにはいられない。買うものをチェックし頭に入れる、が雨の日は特に急ぎ足になるので紙に書き上げた方が忘れ物もしないかもと考える。いざ出発しても日常の流れ道、お昼前は車が混む。お腹もすくし雨は一向に止む気配はない。こういう時に心で思う事、それはやっぱり晴れというありがたさ。窓から見る景色、視界が澄んでみえるのは晴れのお陰だなということを。そう感じながら買物先へ到着、買い物リストのトイレットペーパーに食料品、お会計を済ませて荷物を車に乗せ終わるとホッとする。大きめな日用品は雨の日は苦戦するなと運転しながら感じた日常の風景、雨の日も大事だけれどお天気はやっぱり晴れがいいな。