年末の時期には今年の漢字一文字の話題や、新年にシフトの時期なので干支の引継ぎ式の様子がよい雰囲気でなごめます。
ちなみに漢字の一文字は「金」という文字、日ごろ話題をチェックしていて考えられるのは、メダルかなという感じですね。

夏時期の天候は不順な8月や9月でしたが、オリンピックは程々に盛り上がっていた様子だったから、「金」の文字で浮かぶのはこれくらいですね。
12月初旬の時期は師走の忙しい感覚が少しですが、今年の一文字とか干支と聞くと年越しの季節だなと感じられます。

それと同時に年末までに整理する仕事とか、プライベートの要件も浮かび忙しくなるという感覚、12月でいちばんは中旬からクリスマスの頃までですね。
漢字の一文字は月曜の12日、干支の引継ぎ式は翌日のネット話題、今年の干支の申はリスザルで新年の酉は鶏のひよこ、どちらも小柄でほのぼのとした雰囲気になごめます。

これまでの酉年は鶏冠が成長した鶏という感じだったけれど、ひよこなら可愛くていいですね、昔ながらの名菓のひよこを思い出します。
ほんのり甘い味とひよこの形が印象的、昔風の素朴さもいいものです。

小森のおばちゃまのモノマネで一世を風靡したタレントの片岡鶴太郎氏のヨガが話題となって久しいのですが、この調子でいくと限りなく仙人に近ずきそうにも思えたのですが、なんと医者から栄養不足だとのダメ出しが出たようでした。
全国ネットのTVで医者からお宅のヨガは健康に悪いと言われては、これまでの彼の苦労は一体なんだったんだろうと思わず同情してしまいました。
しかも余命あと15年とまで言われてしまってはもう彼としてはこれからどうやって生活の糧を得ればよいのだろうかというのっぴきならない状況へと追い込まれてしまったような気すらしたものでした。
タレントとしては長らく低迷気味でしたが最近また売れ始めたので気を良くしていた矢先、小銭欲しさにそんな医療番組に出たのが運の尽きだったようにも思えます。
彼としては最近ヨガで目立っていたのでTVからお呼びがかかったとの認識だったのでしょうけれど、結果はただの物笑いの種にされただけだとすると、その番組に鶴ちゃんを呼び彼の人生を台無しにしてしまったに等しいディレクター氏の罪はとても重いような気がします。
私としては今後も鶴太郎氏唯一のネタとしか思えないヨガ関連の仕事が続くことを祈りたいのですがその思いは天に届くでしょうか。