私の中での、あくまで個人的な考え方なのですが、お金を稼ぐというのは人の役に立つことだと思っています。
自分がしたことで人の役に立ち、「ありがとう」という気持ちで、その対価としてのお給料をもらうのです。
でも、生活をするためにお金を継続的に稼いでいくには、自分のしたいと思うことをしないと、やはり長続きしないと思います。
しかし、これほどまでに高度な社会になってくると、自分のしたいと思うことをいきなりするということは難しいでしょう。
それは、市場や技術が成熟し、雇用する企業やサービスを受ける側の求めるクオリティというのがかなり高くなっているからだと思います。
最近、転職について考えることがあるのですが、私が出来ることというのはとても限られています。
いきなり自信満々に、「これこれこういうことが出来るので、必ず役に立ちます」と言えるようなことは何一つありません。
ただ、誰しもが最初から高いレベルのことが出来るのではなく、それは努力や知識の集積物なのだと思っています。
なので、まずは自分のできる範囲や、ちょっとそこからはみ出る部分で、人の役に立てることを探していきたいです。

朝めしを作ってくれていたので、食べました。ハムエッグとウインナーを焼いていてくれていました。そして、午前前もって、五輪を見ていました。体操のダディ私立をやっていたので、見ました。金メダルをとれたので良かったなと思いましたし、パフォーマンス中にぎっくり腰になっていたみたいなので、それで金メダルをとれたのは酷いことだなと思いました。次は、競泳を見ていました。準決勝と決勝をやっていました。銅メダルをとった第三者もいました。メダルラッシュですなと思いました。そして、昼間めしを食べました。お好み焼きを作ってくれました。お好み焼きを食するのは、凄く久しぶりでした。幾分も食べないうちに、ゆっくり潤沢になりましたが、やっと作ってくれたので苦しかったですが、収支食べました。そして、午後から五輪のダイジェストをやっていたので、見ました。最初に体操のダイジェストをやっていました。裏話などをやっていました。授乳中 酵素